画一的ではなく、いろいろな教育を推奨する時代

教育とひと言で言いましても、小学校、中学校の義務教育から、その後の大学などの教育、そして、社会に出てからも、常に学ぶことが必要となるのが教育です。
とりわけ、大学を卒業してしまえば教育は終わりと言う風潮は、終わりに来ているのが、現在の状況ではないでしょうか。
ロボットや人口知能の発達により、人間でなくてはならないと言うことが終わりを告げてしまうならば、益々人間は、ロボットや人口知能では出来ない、務まらないことを、しっかりと学び・経験して、その人その人の得意分野にして行く必要があることでしょう。
となるとやはり、社会に出てからも企業や役所などは、例えばある程度の期間は、専門の分野を徹底的に学ばせて、さらに、専門分野外のことにも通じる、マルチな人材を育てると言った教育が、今後は必要になるのではないでしょうか。
いわゆる、業種や職種を飛び越えて、活動して行かなければならない時代に来ているからです。
画一的な教育ではなくて、いろいろな教育を推奨する時代に到達しているのです。